映画『ドクター・ストレンジ』(2016)あらすじ・感想・レビュー

画像:https://www.youtube.com/watch?v=3UCTFLejE5E

あらすじ

『ドクター・ストレンジ』は、マーベル・コミックの同名のスーパーヒーローを題材にした2016年のアメリカ映画です。

主人公のスティーブン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、ニューヨークの有名な神経外科医で、医師としての自信に満ちていた。ある日、彼は交通事故に遭い、手に重傷を負ってしまう。手術による治療を受けるが、それでも手は完全に治らず、彼のキャリアは終わりを告げる。

スティーブンは、手術が失敗した原因を突き止めるために世界中を旅するが、あらゆる治療法を試しても手は元の状態には戻らない。絶望的な状況に陥ったスティーブンは、偶然出会った神秘的な人物、アンシエント・ワンに出会います。

アンシエント・ワンは、スティーブンを魔術師としての修行に誘い、彼が持つ潜在能力を引き出す。スティーブンは、魔術の存在を知り、自分の手によって人々を救うために修行を積み始める。

一方、魔術の世界には悪の勢力も存在する。カエシリウスという魔術師が、アンシエント・ワンと対立し、地球を破壊するための計画を実行に移そうとしていた。スティーブンは、カエシリウスとの戦いに挑むことになります。

スティーブンは、アンシエント・ワンの指導の下、魔法の力を使い、敵を打ち倒していく。しかし、カエシリウスは、スティーブンたちが防衛している世界とは異なる次元の力を手に入れてしまう。

スティーブンは、次元の狭間でカエシリウスと戦い、最終的には彼を打ち倒す。しかし、カエシリウスの計画によって次元が歪められ、地球上に影響を与えていた。

スティーブンは、アンシエント・ワンの遺産を引き継ぎ、魔術師としての使命を果たすことを決意する。彼は、自分が手に入れた力を使い、地球を守るために奮闘する。彼は、次元を超えた存在と接触し、自分自身と宇宙の真理について深く学ぶ。

しかし、スティーブンが学んだことは、彼が今まで信じてきたものとは大きく異なっていた。彼は、自分が選んだ道が本当に正しいのか疑問に思い始める。

そんな中、スティーブンは元恋人のクリスティン・パーマーが事故に遭ってしまったことを知る。スティーブンは、自分の魔法の力を使って彼女を救おうとするが、彼女を救うためには、自分自身を犠牲にしなければならないことを知る。

キャスト・スタッフ

【キャスト】

  • スティーブン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ:ベネディクト・カンバーバッチ
  • カール・モルタガン:マッツ・ミケルセン
  • クリスティン・パーマー:レイチェル・マクアダムス
  • マードック:チウェテル・エジィオフォー
  • エンシェント・ワン:タイカ・ワイティティ
  • ウォン:ベネディクト・ウォン
  • カエシリウス:マッド・ミッコルソン

【スタッフ】

  • 監督:スコット・デリクソン
  • 脚本:ジョン・スペイツ、スコット・デリクソン、C・ロバート・キャーガン
  • 製作:ケヴィン・ファイギ、ルイス・デズペサーダ、ヴィクトリア・アルオナ
  • 音楽:マイケル・ジアッチーノ

予告編動画

映画『ドクター・ストレンジ』(2016)の批評

『ドクター・ストレンジ』は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一作品として、魔法と科学が融合する世界観を描いた映画である。才能ある神経外科医が手にする魔法の力を用いて、世界を救うために戦う姿が描かれている。

一方で、本作品は魔術や次元を扱った作品ということもあり、ストーリーの展開や設定に若干の複雑さがあるとも言われている。また、登場人物たちの人間性や心情に深みがあると評価される一方で、他のMCU作品と比較すると、主人公のドクター・ストレンジの魅力が十分に伝わらないという指摘もある。

しかし、CGのクオリティやアクションシーンの迫力、音楽などの演出面では高い評価を受けており、独特な世界観が映画ファンからも支持を得ている。特に、本作品で初めて取り入れられた「魔法の鏡の次元」は、斬新で美しく、映画体験をより一層深める演出となっている。

総合的に見ると、『ドクター・ストレンジ』は、魅力的なキャラクターや独特な世界観、CG技術や音楽などの演出面に優れ、マーベル・シネマティック・ユニバースの中でも一風変わった作品として高い評価を得ている。

感想・レビュー・評価

皆様の感想レビューを募集中です!お気軽にお書込みください

Filmic Synopsis & Reviews-シノレビ
平均評価:  
 0 レビュー
レビュー(口コミ)投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

Create your own review

タイトルとURLをコピーしました